D-izm

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS3AC4で私を震え上がらせたリンクスをだらだらと書きなぐる

どーもナベでございます
今回はAC4で印象に残った方々をだらだら書き連ねていきますよ^^
他人からの自分の評価って気になったりするのが人情でFAに向けて何かの足しになれば幸いです
(敬称略)

さてどんどんいってみましょう

NO1 つる
御存知AC4公式大会の覇者、使用機体を選ばないマルチ系リンクス、時々わけのわからない機体を組むのは愛嬌か、以前話をしていて『自分は単調な動きしかしませんよ』といっていたが、手を合わせて痛感した、こちらに全くつきあわないのだ、決して無理をせず、自分のアセンの得意距離で戦う、←これを本人は単調と言っているのだろうが、それがどれほど難しいことか;;;
私のイメージだと彼は『実質剛健』といったところか

NO2 ㍗
最近どうしようもない性癖が明かされたリンクス、彼の扱うアセンはワト文明といわれるほど、コンセプトが明確で、基礎能力の高い機体ばかり、同時期に似たようなアセンを組んでいたのに取り上げられなかったのは少し嫉妬した;; 本人の性癖以外は非常にまともで好青年、ちょっと受動的な言動は性癖ゆえか、いろいろな脚部をそつなくこなすマルチ系リンクス、全体をみると不思議な挙動が多い、ふらっと現れて、ふらっといなくなる、そんな戦術が多く見受けられる、私の中での彼のイメージは『変幻自在』

NO3 あぽ 
AC4トップランカーを上げろと言ったら彼が外れることはないだろう、それほど上位に君臨していたリンクス、使用機体は、機動力があるタイプが多い、幾度か手を合わせた事があるが、驚くべきは距離の支配力、基本ACは相手より優位な立ち位置から攻撃をしかけていく、これを位置取りといい、ある程度先を見据えた戦闘をするのだが、彼はそれをさせてくれない、ふとした瞬間にこちらへ近づき、攻撃を当て去っていく、流れを見ながら戦うのと違って、攻撃を当てるためだけに近づいてくるのが他の人と違うところか、そしてそれを可能にしているのが常用2段、おそらく最速のタイミングで出せるのであろう、勝とうと思うのなら先に攻撃を当ててしまうのがベストか、我慢比べで精神攻撃をする自分とは相性が悪い;; 彼のイメージは『縮地使いあぽ』

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まともな記事でビックリしました。
そういえば最近全然対戦してませんでしたね。
またいつか対戦よろしくです。(・ω・)ノ

止水 | URL | 2008年03月16日(Sun)16:10 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。